MENU

DCPスキンアイロンの使い方!正しく使って効果アップ☝️☝️

スキンアイロン正しい使い方

DCPスキンアイロンはアイロン型の美顔器を顔や全身にあてて肌を引き伸ばすことができますが、使い方がちょっと分かりにくいですよね。

でもじつはとっても簡単です。

順番とやり方のルールさえ覚えてしまえば迷うことはありません。

この記事ではスキンアイロンの正しい使いかたを解説するので、さらにお肌の調子を上げていってくださいね!

目次

DCPスキンアイロンを使うことで期待できる効果

スキンアイロンを肌に押し上げることで物理的にお肌を引き上げることができます。

アイロン自体は42度ととても心地よい温度を保ってくれて、家にいながらまさにエステに行っているかのような心地よさ。

なんでそんな効果があるの?

スキンアイロンの効果は以下の機能によるものです。

  • サロンでも使われている超微弱電流のガルバニック
  • 運動後のケアなどに使われるマイクロカレント
  • 1秒間に300回の音波振動
  • 肌深くに入り込む赤色のLED

これらを組み合わせた新しいケア方法で肌の調子を上げてくれます。

DCPスキンアイロンの正しい使い方

スキンアイロンの使い方です。

フェイスラインと全身に使う場合をそれぞれ説明します。

フェイスラインに使う場合

スキンアイロンフェイスラインの使い方
公式サイトより

フェイスラインと首に使う場合は下から上に肌を引き上げるようにスキンアイロンをあてていきます。

目元も下から上に上げていきましょう。

耳周りは上下、額は左右にあてていきましょう。

全身に使う場合

スキンアイロン身体に使う場合
公式サイトより

二の腕は上から下にあてていきましょう。

お腹、もも、ふくらはぎはスキンアイロンを上下にあてていきます。

DCPスキンアイロンの使用時の注意事項

低温やけどに注意しましょう

本体は42度までしか上がりませんが、同じ場所にずっとあて続けると低温やけどになってしまう可能性が少なからずあるので注意しましょう。

普通に使う分にはやけどの心配はありません。

水洗い不可

DPCスキンアイロンは防水ではないので、水洗いなどはできません。

美容液やクリームがついた場合は乾いた布で拭きましょう。

アルコール、シンナー、ベンジン、除光液なども故障や変色などの原因になるので、使ってはいけません。

DPCスキンアイロン正しい使い方のまとめ

もしも使う時に迷ったら、たるみなどにアプローチする場合は基本的にはリフトアップ(下から上へ)をしておけば大丈夫です。

シワ部分にかんしては左右に伸ばす感じですね。

身体はエステのように余分なお肉を他の部分に回してあげるイメージでスキンアイロンをあてればOKです。

ポカポカして気持ち良くリラックスしてくださいね。

>>DPCスキンアイロンの口コミはこちら

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる